マラソン初心者だと、膝痛を起こすことがあります。 これは、膝に過度な負担をかけるからです。 普段からマラソンをしている人なら膝痛を起こしづらいですが、運動不足の人がいきなりマラソンを続けると膝痛を起こします。 また、初心者ではなくても走りすぎてしまうと膝への負担が大きくなり、痛みを感じることもあるでしょう。 長距離を走るマラソンは、膝痛を起こしやすいスポーツなので、注意してください。 マラソンによる膝痛を防ぐためには、以下のようなことが有効です。 ・筋力強化 ・休息 ・衝撃の少ない靴 膝周辺の筋力を強化することで、膝痛の発症を防ぐことができます。 例えば、スクワットなどがいいかもしれません。 それに、走りすぎに注意して、休息もきちんと取るようにしましょう。 膝に違和感を覚えた場合は、無理をせずに休むようにしてください。 そして、衝撃の少ない靴を履くことで、大幅に膝への負担を減らすことができます。 アスファルトの上ではなく、芝生の上を走るだけでも衝撃は弱まりますから、できるだけ膝に負担をかけないようにすることが大切です。